出会い系サイトの真実

サブタイトルは「メーテル宇宙一の大悪女論」です。

本日は昨日の日記から思い出したネタです。サブタイトルからおわかりのように、銀河鉄道999、およびメーテルが好きな人は納得できないと思いますので読まないが吉。先に言いましたからね?

さて。銀河鉄道999と言えば松本零士先生の名作SFマンガです。

謎の美女メーテルと、機械の体をタダでもらえる星を目指す星野鉄郎少年の成長を描く…という話ですが、大人になってみるといろいろ「?」と思うことがありまして。

鉄郎の周りでは実に都合良く事件が起きます。マンガの主役ですから当たり前なのですけど、なんと言うか「仕込み」の匂いを感じて。そこで推測ですが、もし全ての事件が壮大な仕込み=お芝居だとしたら?

鉄郎のために壮大なお芝居をするわけはなく、芝居を楽しむお客は当然メーテル。メーテルは機械化帝国の女王プロメシュームの娘ですから、彼女のために各惑星で(下手すると惑星1つ破壊するような)お芝居を用意するなどどうということはありません。

銀河鉄道を維持するのも、各惑星で壮大なお芝居をするのも、永遠の命を持つメーテルの気晴らしのため。では鉄郎の役割は?と考えたとき、彼はメーテルの出会い系サイトの恋愛(ごっこ)の対象ではないかと。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ