人気出会い系サイトの中心に

記憶に残るアルゼンチン共和国杯馬は、という質問にはマチカネキンノホシ、ルルーシュなど藤澤厩舎の馬が即に出てくるが一番と言えば2歳(当時は三歳表示)G1を勝ちその後は低迷していたが復活を遂げる勝利をあげたエルウェーウィンの名前が出る。父はカーリアン、二歳G1ではビワハヤヒデを破った同馬の復活は波乱でもあったし強く記憶に残っています。今年はダービー二着のスワーブリチャードが人気出会い系サイトの中心になりそうだが。

どの馬が勝ってもおかしくないような好メンバーが揃う。G1を五勝したキタサンブラックを始め、関東の名門堀厩舎の海外G1馬ネオリアリズムとサトノクラウン。天皇賞(秋)を五勝の名門藤澤厩舎からオークス馬ソウルスターリング。ダービー馬のマカヒキとワンアンドオンリー。安田記念覇者サトノアラジンと群雄割拠という言葉が相応しい今年の天皇賞(秋)。自分の本命はソウルスターリングであったが、知人の馬券は?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ